最近の記事

2013年06月04日

留学中の日本への通話方法:就職活動や家族との電話代を節約するお得な方法。

留学する時に迷うことのひとつが電話。
もちろん、現地で使う携帯電話は現地調達でOKです(……と思いましたが、それすらも必要ないかもしれません。後述します)ここで主にお話しするのは、日本への通話方法です。
私が留学していた頃とは状況が大きく異なるので、最新の情報を交えてお話ししたいと思います。

まず、そもそもですが、国内へ電話をすべきかいなか。
「留学中は語学力を向上させるため、日本語は一切使わない方がいい」という話をよく聞くと思います。
私はこの意見が正しいと思っています。スペイン語漬けの生活にして、スペイン語で話を構築できる脳になれば、語学力が飛躍的に向上します。日本語をやたら話したがる日本人に出会うかもしれませんが、日本人だけの状況ならともかく、他国の人がいる場合はスペイン語で話しましょう。(また、スペイン語ができない人に限って英語を使いたがりますが、本人のためにもスペイン語で応答した方がいいです。)

ただし、あまり自分を追い込み過ぎてストレスを溜めるのは避けなければなりません。最初のうちはなかなかコミュニケーションが取れず、友人ができないということもあると思います。そういう時には一人で考え込まず、日本の家族や友人に相談することも精神衛生上大切です。留学途中で挫折してしまっては元も子もありません。家族の方針によるかもしれませんが、定期的に家族と連絡を取ることも大事です。家族もきっと喜ぶはずです。

でも、留学に集中することも大事です。留学中は成長のチャンスであり、とても貴重な時間なので、なるべく現地の文化を吸収するのに時間をかけた方がいいです。日本でもできることをしても、留学した意味がありません。私の経験では、インターネットが余計でしたね。インターネットをしていた時間を勉強に費やしていれば、もっと充実した留学生活が送れていたかもしれません。といっても、今は友人との連絡もFacebookとかになっていると思うので、ある程度は必要な時間なのかもしれませんね。


さて、本題ですが、留学中に日本へ連絡するにはどうしたらいいのか。

簡単に思いつくのが、
・国際通話可能な日本の携帯電話を持っていく
・現地の携帯電話から日本に電話する

です。

昔はほとんどがこの方法でした。でも、この方法で電話をしていると、あっという間に何万円も請求が来てしまいます。

これに加えて、
・現地で国際電話カードを購入する
というのもあります。現地のキオスクみたいなところで手に入ると思いますが、上記の方法より電話代が節約できます。プリペイド式なので、上限があって安心です。昔はこの3つの方法で日本に連絡していました。

しかし、今であれば……

・Skype、Facebook、LINE、Google+などの無料通話サービスを使う
というのが一番お得なのではないでしょうか。何といっても無料です。これより安いサービスはありません。
これらのサービスは海外にいても利用が可能です。日本で使っているiPhoneを解約したとしても、Wifi環境があればそのiPhoneを使って通話をすることが可能です。私は海外出張時にこの方法で家族と連絡を取っています。他のスマホは分かりませんが、駄目でもパソコンがあればOKです。

もちろん、インターネットが接続できる環境下でしか使えない方法ですが、今時はどこでもインターネットができますし、海外の方がWifiが充実していたりします。ただし、ネットカフェや公衆無線LANでこれらのサービスを使うのはセキュリティー上よろしくないので、注意しましょう。うっかりIDやパスワードを保存してしまったら大変です。

私が留学中に今のような便利なサービスがあったら、だいぶ変わっていたかもしれませんね。特に、スマホは本当に便利ですよね。カメラを持ち歩く必要もありませんし、外出先でSkypeを使うことができるんですから。冒頭にも書きましたが、現地で携帯電話を契約しなくても、スマホがあれば現地の友人ともすぐ連絡が取れるわけですよね。これは便利です。昔もこんな便利なものがあればよかったのになぁ。まぁ、その分インターネットに拘束され過ぎることはありませんでしたが(負け惜しみw)

これらの無料サービスの問題点を挙げるとすれば、基本的にそのサービスを利用している人同士でしか通話できないこと。電話番号がないわけです。具体的にどう不便かというと、就職活動で電話番号が書けなかったり、企業に電話がかけられません。未だに就職活動の面接連絡は電話だったりするので、電話番号がないと色々と不便です。現地の電話番号を書いてもよいですが、日本に帰国したらその番号で面接連絡を着信することができません(圏外になってしまう)。発信についてはSkypeにいくらか入金すれば、固定電話にかけることが可能です。しかし、着信用の電話番号が欲しいところ。そこで、

・通話アプリを利用する
という方法があります。「050 plus」などの通話アプリを使えば、電話番号を取得するこができます。「050 plus」は月額315円かかりますが、050から始まる番号が取得できます。これを就職活動中に使えば、留学先でも面接で一時帰国する時も同じ番号で着信することができます。しかも、海外から使っても固定電話への通話料金は8.4円/3分です。

実は私も「050 plus」を使っていますが、便利だなぁと感じるのは留守番電話がメールで届く機能。着信時に出られなかった場合、留守番電話が起動して、その音声ファイルを指定したメールアドレスに届けてくれるんです。ちなみに、着信通知もメールで知らせてくれます。留守番電話はいちいち電話をかけてメッセージを聞かなければいけないことが多いと思いますが、これは便利です。特に就職活動中は重宝すると思います。





今だと基本料金が2か月無料みたいです。1年間の留学であれば基本料金は4000円もかからないので、就職活動予定の方は取っておくと便利だと思います。そもそも、企業も電話の連絡とかやめて、メール連絡で統一すればいいのにと思います。面接もいちいち日本に帰国させず、Skypeのビデオチャットでいいですよ。海外の企業であれば、海外の優秀な人材を得るべく、このようなサービスを使って面接して積極採用しているのに、未だに日本企業の多くは従来のやり方のままです。就職活動のやり方が変わるのにはあと10年かかるのかなぁ。
posted by オルテガ at 09:08| スペイン語圏への留学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。